24:リブ・アナザー・デイ

24:リブ・アナザー・デイ
24:リブ・アナザー・デイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 11:00A.M. (11:00A.M. )

    イギリスのロンドン東部、CIAロンドン支局では、4年もの間姿をくらましていた国際手配犯ジャック・バウアーの目撃証言を受け、彼の身柄確保に緊張が高まっていた。折しもジェームス・ヘラー米大統領の訪英と重なった時期に発覚したジャックの出現に何かしらの関連性も懸念される中、CIAのチームは現場突入を図る。
    逃走の末に確保されたジャックだが、支局のモニターから状況を見ていた諜報員ケイトは、他の逃げ道が残されながらもジャックがあっさりと捕まったことに対し、疑問を抱く。
  • 第2話 12:00 P.M.(12:00 P.M.)

    ジャックに助けられたクロエは、ロンドンを拠点に活動するハッカー集団に所属しており、なんとか組織に帰還。しかし、そこに突如ジャックが突入し、組織のメンバーだったデレク・イエーツの行方を探すため協力を強要される。一方、アフガニスタンで起きた米軍の無人爆撃機誤爆に対し、遠隔操作をしていたタナー中尉は責任を問われるが…。
  • 第3話 1:00 P.M.(1:00 P.M.)

    無人爆撃機をハッキングした装置を持ち出したイエーツを追ったジャックは、パブのトイレで彼の遺体を発見。同行していた女が持ち去ったと知り、彼女の行方を追うが、あと一歩のところで逃してしまう。その後その女は3年前に米軍の爆撃により死亡したアルカイダ幹部の未亡人マーゴット・アルハラジの娘であったことが発覚。そして、当時攻撃を命じたのは、現在訪英中のヘラー大統領だった・・・。
  • 第4話 2:00 P.M.(2:00 P.M.)

    アメリカ大使館に潜入したジャックは、タナー中尉に彼の無実を信じていること、同じ方法でテロが起きる可能性があることを伝える。飛行記録データの入ったフライトキーを奪うと、クロエの引導で大使館脱出を試みる。 一方、スピーチを終えたヘラー大統領とオードリーは、マークからジャック・バウアーがアメリカ大使館で人質をとって立てこもっていると伝えられる。
  • 第5話 3:00 P.M.(3:00 P.M.)

    ジャックが取り調べを受けている間、ケイトがクロエにフライトキーの情報を送信。データを受け取ったクロエとエイドリアンは解析を開始し、イエーツが作ったデータの上書きコードを発見する。コードの画像をナバロに送信し、マーゴットが無人爆撃機をハイジャックし攻撃したこと、更なる攻撃があり得ることを告げるが…。一方、テロを開始するにあたって、マーゴットはウェブ上に犯行予告ビデオを載せていた。
  • 第6話 4:00 P.M.(4:00 P.M.)

    無人爆撃機の攻撃によって4人の捜査官が命を落とした。ヘラー大統領は、ナバロに対し、マーゴットを追うジャックに全権を渡すよう命じる。ジャックは、武器の用意と、ケイトを同行させることを要求。 マーゴットのアジトでは、死んだナヴィードの携帯に彼の姉のファラーから電話があり、シモーヌは彼女たちがどれだけの情報をつかんでいるかを偵察しにロンドンへ向かう。
  • 第7話 5:00P.M.(5:00 P.M.)

    ジャックがケイトの無事を確認、アジトを抜け出す。クロエがシモーヌの場所を突き止め、彼女はバスにひかれて病院に向かっているとジャックに伝える。ふたりは病院に向かいシモーヌからマーゴットの居場所を聞き出そうとする。ヘラー大統領は、勝手に行動を起こしたデイビス首相を牽制するが、逆に病気のことを持ち出されてしまう。そして、マークとオードリーに、アメリカに帰国し次第副大統領と引き継ぎを始めたいと伝える。
  • 第8話 6:00 P.M.(6:00 P.M.)

    ケイトは昏睡状態に陥っているシモーヌをCIAの医務室に連れて行く。ナバロは殺し屋にジョーダンの息の根を止めろと命令。ジョーダンはナバロが自分を殺そうとしていることに気づき、殺し屋に反撃するが…。 マーゴットは、ヘラー大統領が一人でウェンブリースタジアムに来れば全ての無人爆撃機を消滅させると約束。ジャックを呼んだヘラー大統領は、マーゴットとの取引に応じることを伝え、手伝って欲しいと頼む。
  • 第9話 7:00P.M.(7:00 P.M.)

    ウェンブリースタジアムの中心に立っていたヘラー大統領に向けて無人爆撃機からミサイルが発射される。それを観ていたオードリーは放心状態。ヘラー殺害を確信したマーゴットは約束を守り無人爆撃機を海に沈めるが、6機目を沈めるところで息子のイアンがトリックを見破ってしまう。ヘラー大統領に思い知らせるために、最後の無人爆撃機のターゲットをウォータールー駅に設定する。
  • 第10話 8:00 P.M.(8:00 P.M.)

    ジャックはケイトにナバロがジョーダン殺しの黒幕で、装置を持って逃げたと伝える。ナバロはエイドリアンと連絡を取り装置を渡す。その電話を探知し、ナバロを捕まえることに成功。だがクロエとエイドリアンは装置を持って地下鉄に乗ってしまう。エイドリアンは軍事機密を開示し、中国から資金を得ようとしていた。そして、オープンセルに戻った彼らは、信じられない光景を目にする。
  • 第11話 9:00 P.M.(9:00 P.M.)

    オープンセルのアジトにジャックが乗り込むと、メンバーたちの死体が。エイドリアンも死んでいる。チェンがクロエを連れ去った後だったが、クロエが残した携帯電話の録音メッセージで、チェンがこの件に絡んでいることを知る。ジャックはヘラー大統領にチェンの生存を伝え、チェンが海軍のデータにも不正アクセスしていることを知る。
  • 第12話 10:00 P.M.(10:00 P.M.)

    ロシア大使邸に残された携帯のメッセージから、オードリーがチェンに人質に取られていることが発覚。ケイトはオードリーを救いに向かい、ジャックはチェンを追うことにする。ウェイ中国国家主席と再び会談したヘラー大統領は、中国を攻撃する準備があると伝え、ジャックがウェイを確保するのを待つが…。