マイノリティ・リポート

マイノリティ・リポート
マイノリティ・リポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 不完全な予知能力(Pilot)

    2065年のワシントンDC。かつて犯罪予防局のプリコグであったダッシュは、殺人事件を予知する。犯行を止めるべく現場へと急ぐが、彼の目の前で女性は殺されてしまう。犯人を捕まえるべく刑事のヴェガに接触を図った直後、彼は別の殺人事件を予知する。次の被害者は、犯罪予防局の元副長官の妻。ダッシュの双子の兄アーサーや、かつてプリコグの世話係であったウォリーの力を借り、2人は事件を防ぐべく奔走する。
  • 第2話 シンデレラの靴(Mr. Nice Guy)

    ラトレッジの事件でヴェガは政府の連中に目を付けられる。
    一方、ダッシュは女性が殺害されるビジョンを見るが、被害者の顔ははっきりと映っていなかった。そこでアーサーに協力を仰ぐが、見返りに過去のある事件の捜査資料を入手するように要求される。ダッシュとヴェガは被害者が訪れたクラブに潜入して犯人の目星をつけるが、被害者を特定することができず、結局アーサーの要求をのむことに。
  • 第3話 新犯罪予測システム(Hawk-Eye )

    首都警察に新しい犯罪予測システム“ホークアイ”が試験導入された。ダッシュが新たに殺人を予知するが、その犯人はホークアイで監視対象に指定されていた。そのことを知ったヴェガは、ダッシュが警察で民間の分析官として働けるように取り計らう。殺人を止めるべく捜査を進めるが、犯人と被害者の接点が見出せない。一方でアガサは、ヴェガがダッシュを裏切るビジョンを見ていた。自分たちに迫る危険に対処すべく、行動を起こす。
  • 第4話 初恋(Fredi )

    ホークアイの分析官としての正式な初勤務を翌日に控えた日、ダッシュは慈善活動家のケイマン・ベローが女性を殺害するビジョンを見る。被害者の女性を見つけるため、ヴェガとダッシュはケイマンが主催するパーティーに潜入する。そこでダッシュはフレディという1人の女性と知り合い、好意を寄せる。フレディが身に付けている腕輪から彼女が被害者であることに気づいたダッシュは、捜査を装って個人的にフレディに近づく。
  • 第5話 記憶の彼方へ(The Present)

    誕生日を迎えたヴェガだが、その表情は冴えない。17年前に何者かに殺された父親と同じ誕生日のため、毎年この日が来ると父親の事件のことを思い出すのだ。そんな中、ビジョンの中で被害者が着用しているものと同じユニフォームをアキーラからプレゼントされる。ビジョンに映っていたロゴマークから犯人を絞り込むが、目星をつけた男は刑務所の中にいた。ヴェガとダッシュはその男に会いに刑務所へ行くが…。
  • 第6話 思い出の島(Fiddler's Neck)

    フィドラーズ・ネック島に住み始めて以来、アガサは初めて殺人を予知する。被害者は、かつての恋人の娘。アガサから連絡を受けたダッシュは、アーサーとヴェガと3人で島に向かう。ヴェガの来訪に驚くアガサだったが、自分が見たビジョンの内容を3人に伝える。両親のどちらかによる毒殺を疑うヴェガだが、具体的な殺害の方法が特定できずにいた。その頃、首都警察では、何者かがシステムに侵入しようとした形跡が見つかる。
  • 第7話 消えた5000万ドル

    犯行の40分前に強盗殺人を予知したダッシュ。ヴェガと現場へ駆けつけるが、すでに被害者は殺されており、救急隊員が到着していた。アーサーに情報を聞きに行くが、犯人や被害者の名前は知らないと言われてしまう。殺人を止められなかったことに罪悪感を覚えたダッシュは翌日、ヴェガに無断で被害者の家を訪れる。一方ヴェガは、事件について問い合わせていたが、返ってきた返答は「そんな事件は記録にない」というものだった。
  • 第8話 アメリカン・ドリーム(The American Dream)

    男性が射殺されるビジョンを見たダッシュ。犯人が被っていた帽子から、あるレストランの存在が浮上する。早速その店へ向かうヴェガとダッシュだったが、ブレイクが同行すると言い出す。店に行くと、そこには犯人と同じ帽子を被った配達係・フィリックスの姿があった。配達バッグの中からは麻薬や拳銃が出てきたが、フィリックスは「何も知らない」の一点張り。業を煮やしたヴェガは、ブレイクの前でダッシュが描いた絵を見せる。
  • 第9話 忍び寄る危機(Momento Mori)

    胎児の遺伝子治療の合法化を訴える上院議員が殺されるビジョンを見たダッシュ。ヴェガとともに捜査を進めていた。その一方で、DIAのブロムフェルド副長官はメメント・モリのテロに備えるため、プリコグ捜しを本格化させていた。その動きを知ったアーサーとアガサは、ダッシュに一切の殺人捜査から手を引くように諭すが、ダッシュは聞く耳を持たない。だが、3人の身を案じたヴェガからも、捜査をやめるよう勧められる。
  • 第10話 少数報告(Everybody Runs)

    ブロムフェルドによるプリコグ捜しは、すぐそこまで迫っていた。ヴェガがプリコグたちに今すぐワシントンDCを離れるよう忠告していたその時、アガサとアーサーがメメント・モリによる大規模なテロを予知する。しかし、ダッシュだけは公園と揺れるブランコのビジョンを見ていた。署に戻ったヴェガは、プリコグの予知を元にグレイにテロの詳細を問いただす。しかし、グレイはヴェガの追求を余裕の表情でかわすのだった。