BONES シーズン11

BONES シーズン11
BONES シーズン11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

キャスト

  • テンペランス・ブレナン博士 (愛称:ボーンズ)

    ジェファソニアン法医学研究所の法人類学者。あだ名は「ボーンズ(骨)」。腕っ節も鼻っ柱も強く、人付き合いが苦手。 FBIに協力をし、骨から証拠を読み解き、殺人事件を解決へと導く。 (※実在の法人類学者キャシー・ライクス自身をモデルにした本人著書のベストセラー小説(「骨と歌う女」)に登場する同名の主人公がモデルとなっている。) 長年お互いを意識し合っていたFBI捜査官ブースとついに結ばれ、娘クリスティンを授かる。後紆余曲折を経て、シーズン9では結婚を果たす。 シーズン11では、長年勤めたジェファソニアン研究所を退職し、ブース、クリスティン、そして新たに生まれた息子ハンクと穏やかな生活を送っていたが、ブースの危機を知り現場に力を貸すことに。

    俳優情報

    • エミリー・デシャネル

      1976年ロサンゼルス生まれ。
      ボストン大学の卒業生で、在学中は演技を勉強。父親は映画監督のキャレブ・デシャネル(『パッション』、『タイタニック』※撮影監督)、母親は女優のメアリー・ジョー・デシャネルで、FOX放送の人気ドラマ「New Girl ~ダサかわ女子と三銃士」ジェス役で主演の女優、ズーイー・デシャネルを妹に持つ。 1994年に映画『あなたに降る夢』で映画デビューを飾り、2003年には『コールド マウンテン』、2004年には『スパイダーマン2』に出演。2004年10月号のインタビュー誌「ヤング・ハリウッド」特集で、デシャネルは注目すべき6人の俳優の一人に選ばれている。2006年には『グローリー・ロード』にも出演。2009年公開の『私の中のあなた』ではキャメロン・ディアスと共演。 映画の他、TVシリーズでは「女検死医ジョーダン」、「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」など数々の人気番組にもゲスト出演している。また、本作でシーズン3よりプロデューサーも務めている。
      ※BONES シーズン7撮影中には、夫で俳優のデヴィッド・ホーンズビーとの子供を妊娠しており、2011年9月に第一子となる男児が誕生した。
    • 出演作品:BONES
  • シーリー・ブース捜査官

    FBIの殺人捜査班の特別捜査官で元陸軍のスナイパー。狙撃兵であったブースは、科学者を“スクインツ(目を細めるやつら)”と呼びからかうが、誰よりも人情に熱く彼らを信頼している。ブース自身は物的証拠よりも容疑者や目撃者への尋問を重視する古いタイプの捜査官。

    捜査協力のパートナーとなっていたボーンズ(ブレナン)に長年想いを寄せ、つかず離れずの関係の末、ついに結ばれる。二人の間には娘も生まれ、結婚して幸せな日々を送るように。
    シーズン11では、フリーランスのFBI講師となり、ブレナンと子どもたちと共に新たな暮らしを送っていたが、トラブルに巻き込まれ・・・。

    俳優情報

    • デビッド・ボレアナズ

      1969年ニューヨーク州バッファロー生まれフィラデルフィア育ち。子供の頃から俳優を夢見ていたボレアナズは、高校卒業後ニューヨークへ移り、イサカ・カレッジで演技を学ぶ。カレッジ卒業後、ロサンゼルスに移り住む。
      ケリー・バンディーの彼氏役で出演した「Married...With Children」で初めて注目を浴び、「バフィー ~恋する十字架~」にエンジェル役で出演し脚光を浴びた。また、本作ではシーズン3よりプロデューサーも務めている。
    • 出演作品:BONES
  • アンジェラ・モンテネグロ

    ブレナンの同僚であり、唯一の友達で一番の理解者。気取りがなく、ズバズバと物を言うが、誰よりも心優しい性格の持ち主。
    売れない画家だった彼女をブレナンがジェファソニアンに呼び、今ではチームに欠かせない存在となる。遺体の頭蓋骨から、被害者の顔を再現し、身元を特定するのが得意。
    ホッジンズとくっついたり離れたりしていた関係だったが、腰を据え、結婚し、男児を出産。その後も仕事をしながら子育てに励んでいる。

    俳優情報

    • ミカエラ・コンリン

      1978年ペンシルベニア州生まれ。中国とアイルランドの血が入っている。
      高校卒業後、地元の劇場で演技スキルを磨いたコンリンは、ニューヨークのティッシュ芸術学校で演技を学ぶ。その一方でプレイライツ・ホライズンやアトランティック・シアター・カンパニーの作品に出演していた。
      米ケーブル・ネットワークBravoで放送されたリアリティー番組「The It Factor」に出演するためニューヨークに移り、その後、ドラマ「MDs」に出演するためロサンゼルスに移り住む。
    • 出演作品:BONES
  • ジャック・ホッジンズ博士

    “バグ・ガイ(昆虫オタク)”というあだ名を持ち、土壌学、植物学、昆虫学の博士号を持つ、虫と鉱物の専門家。UFOや陰謀論を信じ、無茶な実験にもチャレンジする少年のような一面も。
    長年恋愛関係にあったアンジェラと結婚し、息子も生まれ、順風満帆な生活を送っている。愛しい妻と共に子育てに励む、素敵なパパ。
    大富豪の子孫で、莫大な富を持っているが、地に足がついている。連続殺人鬼で天才ハッカーであったペラントの仕業で財産を失うが、アンジェラと協力しながら常に前向きな姿勢で仕事に励んでいる。

    俳優情報

    • T・J・サイン

      1975年ボストン生まれ。ダラス・シアター・センターやミント・シアター・カンパニーの作品に出演する傍らアメリカとカナダで演劇を勉強し、大学を卒業する。オーディションに出向くようになってからすぐに多くの作品に出演。「ホーム・インプルーブメント」、「サンフランシスコの空の下」、「炎のテキサス・レンジャー」、「Just Shoot Me!」などへの出演がきっかけとなり、2000年までには端役ながら約50作もの作品に出演する。2002年には、舞台と映画制作を目的とするTheater Junkies Productionsを設立し、同社が制作した短編フィルム『Validation』は国内の多くの映画祭で上映された。その他、『エリン・ブロコビッチ』、『グリンチ』、『ゴーストワールド』、『ビー・バッド・ボーイズ』、『恋愛適齢期』など数多くの映画に出演。
    • 出演作品:BONES
  • カミール・サローヤン博士 (愛称:カム)

    ブレナンたちの上司であり、ジェファソニアン法医学研究所の所長を務める。就任当初はブレナンと対立する事もあったが、現在はお互い信頼し合っている。ブースとは過去に親密な関係にあったことも。
    今までも恋多きカムだったが、元インターンのアラストとの恋に落ち、順調な恋愛を続けるが、その行方は・・・?

    俳優情報

    • タマラ・テイラー

      1970年カナダ、トロント生まれ。アフリカ系カナダ人の父とスコットランド系カナダ人の母を持つ。テレビコマーシャルに出演した事から女優としてのキャリアをスタートさせたテイラーは、「サンフランシスコの空の下」にレギュラー出演し、注目を浴び始める。テレビドラマ「シティ・オブ・エンジェル」にはDr.アナ・シュファクス役で出演。また『プレシャス』製作総指揮のタイラー・ペリーが製作・脚本・出演する映画『Diary of a Mad Black Woman』では、麻薬中毒者を演じる。
    • 出演作品:BONES
  • ジェームス・オーブリー捜査官

    FBI捜査官。シーズン10で刑務所から出所したブースの単独行動を監視するために副長官の命を受けるが、その後ブースと共に捜査活動をしていくことに。
    ブースがFBIを去った後も、ジェファソニアン研究所と連携を取り犯罪捜査に当たる。

    俳優情報

    • ジョン・ボイド

      1981年10月22日ニューヨーク州生まれ。2005年の「Building Girl」にてデビュー。ドラマ「フリンジ」、「LAW & ORDER」などにゲスト出演し、「24」シーズン8では、CTUの分析官アーロ役を好演。映画では、「ベティ・ペイジ」、「レディ・イン・ザ・ウォーター」にも出演している。
    • 出演作品:BONES