NYボンビー・ガール シーズン3

NYボンビー・ガール シーズン3
NYボンビー・ガール シーズン3
NYボンビー・ガール シーズン3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

キャスト

  • マックス・ブラック

    生まれも育ちもビンボーだが、バイタリティー溢れるウェイトレス。ブルックリンのダイナー(レストラン)で働き、バイトにやってきたキャロラインと出会う。勝気な性格で、世間知らずなキャロラインにイラつきながらも、彼女をルームメイトとして迎え入れることに。カップケーキ作りが得意で、店を開く話をキャロラインに持ちかけられる。昨シーズン、ダイナーに隣接するスペースを見つけ、カップケーキ屋のオープンをついに決意する。

    俳優情報

    • カット・デニングス

      ペンシルベニア州ブリン・マウル出身。2008年の映画『キミに逢えたら!』で名を知られるようになり、第13回サテライト賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ映画)など複数の賞へのノミネートを果たす。最近では、ナタリー・ポートマン、クリス・ヘムズワーズら出演の『マイティ・ソー』にメインキャストとして出演。続編『マイティー・ソー/ダーク・ワールド』にも出演しており、同作の公開が控えている。その他の主な出演作品は、『40歳の童貞男』、『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』など。「セックス・アンド・ザ・シティ」、「CSI」シリーズ、「FBI 失踪者を追え!」、「ER緊急救命室」などのドラマにもゲスト出演している。 2005年には、数々の映画人が活動するNPO団体Sundance Filmmaker's Labの会員に選ばれた。
    • 出演作品:NYボンビー・ガール
  • キャロライン・チャニング

    マンハッタン出身のお嬢様だったが、父親の逮捕により全てを失い、マックスのいるダイナーで働くことに。マックスの作るカップケーキを絶賛し、店を開くために資金稼ぎを始めるが、うまくいかない事だらけな毎日に陥る。昨シーズン、ダイナーに隣接するスペースを見つけ、カップケーキ屋のオープンをついに決意する。

    俳優情報

    • ベス・ベアーズ

      ペンシルベニア州ランカスター出身。5歳の時に初舞台を踏む。15歳の時に、家族と共にサンフランシスコに移住し、American Conservatory Theater(ACT)で演技を学び始め、そこでいくつかの作品に出演する。2002年には、California Arts Scholarに選ばれ、オスカー女優のヘレン・ハントに学ぶ機会を得た。その後、2004年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校に入学。卒業後は「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」、「キャッスル」、『American Pie: The Book of Love』などに出演し、活躍の場を映画やドラマにも広げている。
    • 出演作品:NYボンビー・ガール
  • ハン・リー

    マックス達が働くダイナーのオーナー。人当りはいいが、いつもマックスに押され気味で常にからかわれている。

    俳優情報

    • マシュー・モイ

      カリフォルニア州サンフランシスコ出身。アニメが好きなため、声優の勉強を始め、ゲーム版「G.I.ジョー」、「白騎士物語」などに、英語版の声優として出演。俳優としての出演作品には、「Scrubs」「ママと恋に落ちるまで」「iCarly」『抱きたいカンケイ』などがある。 ネコ好きであり、趣味はバンジー・ジャンプ。住宅支援団体、ハビタット・フォー・ヒューマニティを支援している。
    • 出演作品:NYボンビー・ガール
  • アール

    マックス達が働くダイナーのレジ係。75歳の陽気なおじいちゃん。

    俳優情報

    • ギャレット・モリス

      ルイジアナ州ニュー・オーリンズ出身。作家、歌手、作曲家、コメディアンとしてマルチに活躍し、50年以上の芸歴を誇るベテラン俳優。幼い頃から、教会で演技や歌声を披露していた。ディラード大学で作曲を学んだ後、ニューヨークに移り住み、名門ジュリアード学院で歌のトレーニングを積む。「サタデー・ナイト・ライブ」の初期メンバーであり、番組開始の1975年から1980年までの5年間出演していた。その後も、コメディを中心に数々の作品に出演。主な出演作品は、「ジェイミー・フォックス・ショー」、「トワイライト・ゾーン」など。舞台俳優として、ブロードウェイ、オフ・ブロードウェイ合わせて50以上の作品に携わっており、作曲なども手掛けている。
    • 出演作品:NYボンビー・ガール
  • オレグ

    マックス達が働くダイナーのロシア人シェフ。いつも下ネタを言うため、マックス達から煙たがられている。マックスとキャロラインの隣人ソフィ―と付き合うが破局。

    俳優情報

    • ジョナサン・カイト

      イリノイ州スコーキー出身。イリノイ大学に進学し、美術の学位を取得する。その後、俳優としてのキャリアを積むため、ロサンゼルスに移り住む。主な出演作品には、「シングルパパの育児奮闘記」、ジェイミー・フォックスプロデュースのコメディ「In the Flow with Affion Crockett」などがある。2010年には、ハリウッドのiO West Theaterが主催するコンテストで即興演技を披露し、彼のチームは、52週勝ち続けるという新記録を打ち立てた。俳優だけでなく、脚本家としての一面も持ち、現在脚本執筆中の映画『The Walk On』では、出演、プロデュースも務める。
    • 出演作品:NYボンビー・ガール
  • ソフィ―

    マックスとキャロラインのアパートの上階に住む隣人。清掃業のビジネスに成功した、リッチでしたたかなポーランド人。オレグとオトナの関係を楽しみつつ、その後交際に発展するが破局にいたる。

    俳優情報

    • ジェニファー・クーリッジ

      マサチューセッツ州ボストン出身。エマーソン大学で演劇の学位を取得し、ロサンゼルスに移り住む。1990年代の人気コメディードラマ「となりのサインフェルド」でデビュー。また作家として、米国FOXの人気コメディー番組「Saturday Night Special」に参加する。これまでに、「フレンズ」や、そのスピンオフドラマ「ジョーイ」、「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」、「セックス・アンド・ザ・シティ」など多くの人気TV番組に出演してきた。また、「アメリカン・パイ」シリーズへの出演で本格的な映画出演を果たし、「キューティ・ブロンド」や「シンデレラ・ストーリー」、「もしも昨日が選べたら」、「鉄板英雄伝説」などコメディーを中心に、多岐にわたって活躍している。
    • 出演作品:NYボンビー・ガール