バトル・クリーク 格差警察署

バトル・クリーク 格差警察署
バトル・クリーク 格差警察署
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

キャスト

  • ミルトン・チェンバレン (愛称:ミルト)

    FBI特別捜査官
    カリスマ捜査官としてFBIのエリート街道を走ってきたが、なぜかバトル・クリーク市警に設置されたオフィスに派遣されることに。ラスを自分のパートナーに指名し、捜査活動を開始。FBIのハイテクシステムを使い軽やかに仕事をこなす。見た目も中身も非の打ちどころのないイケメンながら、バトル・クリークに飛ばされた理由は明かされておらず、ポーカーフェイスの裏の素顔は謎が多い。

    俳優情報

    • ジョシュ・デュアメル

      クライムドラマ「ラスベガス」でカジノ監視チームのリーダー/ダニー・マッコイを演じたジョシュ・デュアメルは、エミー賞受賞作であるアニメーションでは声優を務めたことも。映画では「トランスフォーマー」シリーズや「ニューイヤーズ・イブ」、「家族はじめました」、「セイフヘイヴン」など多くの人気作に出演を果たしている。また、2015年以降も出演予定が多数ある人気俳優だ。
      私生活では「ラスベガス」での共演をきっかけに、人気アーティストブラック・アイド・ピーズのファーギーと交際し、2009年に結婚。アメリカのピープル誌で「世界でもっとも美しい50人の男」にも選ばれている。
    • 出演作品:バトル・クリーク 格差警察署
  • ラッセル・アグニュー (愛称:ラス)

    バトル・クリーク市警のベテラン刑事。
    地元出身の叩き上げで手荒なやり方も多いが、事件への嗅覚が鋭く、捜査の腕は確か。人手も物資も不足した田舎町の警察で半ばやさぐれながらも、昔かたぎのやり方で奮闘している。ひょんなことからミルトとコンビを組むことになるが、彼のあまりのパーフェクトぶりに対抗心をあらわにすることも。本音の見えないミルトをいまひとつ信用できずにいる。 素直に表現できないものの、事務長のホリーに恋心を抱いている。

    俳優情報

    • ディーン・ウィンタース

      1999年公開、エミー賞にもノミネートされた「Oz/オズ」で演じたライアン・オライリー役でよく知られる。最近では、エミー賞、ゴールデン・グローブ賞受賞歴のあるコメディードラマ「30 ROCK/サーティー・ロック」でメインキャラクター リズ・レモンの元恋人として再登場。この彼の出演は、エンターテインメント・ウィークリーに掲載されている“Must List”で紹介されるなど、注目を集めた。他にも、「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」「CSI:マイアミ」「セックス・アンド・ザ・シティー」などのドラマや、映画では「P.S. アイラヴユー」やキアヌリーブズ復活で話題を集めた「ジョン・ウィック」など多くの作品に出演している。
    • 出演作品:バトル・クリーク 格差警察署
  • フォンタネル・ホワイト (愛称:フォント)

    バトル・クリーク市警の刑事。
    ミルトがやってくるまでは、ラスの相方的存在として行動。対人関係にテキトーな面はあるものの、いざとなったら頼れる存在。

    俳優情報

    • カル・ペン

      高校時代から芝居を学び、大学はUCLAで舞台、映画、テレビを学ぶ。テレビドラマ「Dr. HOUSE」ではシーズン4からローレンス・カトナー役を演じ、全米映画俳優組合賞にノミネートされた。その他にも人気テレビドラマ「ママと恋に落ちるまで」や「24」、「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」にゲスト出演を果たしている。 また、カル・ペンは2009年から2011年までの2年間俳優業を休み、ホワイトハウスにてオバマ政権の職員として働いていた。
    • 出演作品:バトル・クリーク 格差警察署
  • グゼヴィッチ

    バトル・クリーク市警の刑事長。
    問題児ラスも見事にコントロールし、チームをまとめる頼れるボス。

    俳優情報

    • ジャネット・マクティア

      ジャネットはウィンストン・チャーチルの生涯を描いたテレビ映画「イントゥ・ザ・ストーム」でゴールデン・グローブ賞、エミー賞ともに助演女優賞にノミネートされた。2014年にはテレビドラマのミニシリーズ「The White Queen」でもゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、エミー賞受賞ドラマ「ダメージ」にも出演している。 イギリスを代表する舞台女優でもある彼女はRoyal Court Theatre やRoyal National Theatreで演じた作品でローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされている。
    • 出演作品:バトル・クリーク 格差警察署
  • ホリー・デイル

    バトル・クリーク市警の総務担当。
    柔らかい物腰でチームを和ます存在だが、時に捜査に対して鋭い指摘を投げかける不思議なひらめき力を持っている。ラスに対して、同僚以上に意識している面も…?

    俳優情報

    • オーブリー・ダラー

      1952年から2009年まで長く続いた昼ドラ「ガイディング・ライト」で演じたマリーナ・クーパーや人気小説をもとにしたドラマ「Woman’s Murder Club」のジャーナリスト、シンディ・トーマス役などで知られる。他にも、「グッド・ワイフ」や「パーソン・オブ・インタレスト」、「666パーク・アベニュー NYの悪夢」、「アグリー・ベティ」など数々の人気ドラマに出演している。その活躍はテレビにとどまらず、2012年公開の映画「See Girl Run」や「ウェズリー・スナイプス ハード・ラック」、そのほか舞台の経験も持つ。
    • 出演作品:バトル・クリーク 格差警察署
  • アーロン・ファンクハウザー

    バトル・クリーク市警の刑事。
    おっとりした性格でどっしり構える頼もしいチームメート。

    俳優情報

    • エドワード・フォーダム Jr

      グレープバインの名でも知られる彼の代表作としては、コメディードラマ「ワン・オン・ワン」と「Cuts」で演じたエース・フィールズがあげられる。そのほかにも「マイネーム・イズ・アール」、「Key and Peele」、「Garfunkel and Oates」「Let’s Stay Together」など多くのテレビ番組へのゲスト出演を果たしている。
    • 出演作品:バトル・クリーク 格差警察署
  • エリン・ ジェイコックス (愛称:E)

    バトル・クリーク市警の刑事。
    ラスのお遣い的な要望にも対応する柔軟な性格。

    俳優情報

    • ライザ・ラピラ

      ニューヨークの舞台で経験を積んだ後、TV・映画作品に活躍の場を広げたライザ。大ヒット・ドラマ「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」シーズン4~6に登場した特別捜査官リー役や「ドールハウス」で技術開発者トファーの助手アイビー役、「23号室の小悪魔」での隣人ロビン役など数々のTV作品に出演。また、主な映画出演作には「ラブ・アゲイン」、「ワイルド・スピード MAX」、「クローバーフィールド/HAKAISHA」、「ラスベガスをぶっつぶせ」などがある。
    • 出演作品:バトル・クリーク 格差警察署