ホーム > FOX > 番組ラインナップ > ウォーキング・デッド シーズン3

ウォーキング・デッド シーズン3

放送予定

2014/10/11 19:00 第1話 厳しい冬を越えて (Seed) [字]
2014/10/11 20:00 第2話 縄張り争い (Sick) [字]
2014/10/11 21:00 第3話 暗黒の楽園 (Walk With Me) [字]
2014/10/11 22:00 第4話 命の決断 (Killer Within) [字]
    

イントロダクション

全米ケーブルTV史上最高視聴率を記録した大ヒットのパニック・サバイバル・ドラマ!

ベストセラーのアメコミ"The Walking Dead"を原作にしたパニック・サバイバル・ドラマ。“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカで、昏睡から目覚めた保安官リックが、生存者たちと共に救いの地を求めて旅を続けていく。
エミー賞メイクアップ賞を受賞したゾンビ特殊メイクのクオリティーはもとより、製作陣には映画『ターミネーター』のゲイル・アン・ハードなど多数の実力派が名を連ねる。極限に追い込まれた人間の心理を描いたヒューマンドラマとしても人気を博し、全米ケーブルTVでの史上最高視聴率記録を更新!世界中から注目を集める大人気シリーズの最新シーズンが、早くも日本に上陸する!!"
シーズン2では、アトランタを離れた後、ハーシェルの所有する農場にたどり着き、落ち着いた暮らしを迎えつつあったリックたち。しかし、さまざまな危険因子が浮かびあがり、安全に見えたその土地もやがてウォーカーたちに蝕まれる。そしてある晩、ついにウォーカーの大群に襲われたリックたち。バラバラになって農場を逃げ出すが、なんとか生き残った仲間たちは、かつての旅の出発点で合流を果たす。一方、ひとり森の中に逃げたアンドレアはウォーカーに襲われるが、間一髪で何者かに助けられる。
そして、皆が次の行先を模索する中、リックは勝手な行動で仲間の統制を乱していたシェーンを、自分が殺害したことを告白。かつての親友を犠牲にしても仲間の命を守ることを決意したリックは、彼らの前で自分が絶対的リーダーになることを宣言する…。

シーズン3では・・・

シーズン3では、更なる旅立ちを強いられることになったリックたちの前に、新たな人物が登場。異なるコミュニティーとの遭遇により、今まで以上により深い人間模様が展開していく。今後彼らの前には、一体何が立ちはだかるのか!? かつてない戦いが、生存者たちを待ち受ける!!

見どころ


1.アメリカケーブルTVチャンネル最高視聴率記録を続々更新!

シリーズ開始以来、アメリカで異例の高視聴率を獲得し続けている本作。シーズン2の第1話では、シーズン1で記録したケーブルTV最高視聴率を上回り、視聴者数710万人を突破。自らが持つアメリカのベーシックケーブルTVの歴史を塗り替えることになる(*1)。そして、アメリカで放送が休止となるブレイク期間明け直後の第8話では、もう一度その記録を破り、視聴者数810万人を達成(*2)。さらに、最終話の視聴者数は900万人に上り、1シーズン中に3度の視聴率記録更新(*3)という偉業を成し遂げる。また、第10話では、地上波を含めた60分ドラマ・シリーズの中で視聴率第1位に輝く(*4)など、快進撃は留まることなく、シーズン3の記録更新にも、大きな期待が寄せられている!

全米視聴者の絶大な支持はもとより、いまや全世界が注目する超人気シリーズへと成長した本作。新シーズンは、なんと122ヶ国36言語で2億人以上に向けて放送予定!アメリカでの放送開始と同時期に世界各国でスタートする新シーズンは、絶対に見逃せない!!


2. 批評家も絶賛!エミー賞、ゴールデン・グローブ賞などノミネート多数!!

シーズン1から数々の賞レースで話題となった本作。ゴールデン・グローブ賞作品賞ノミネートをはじめ、昨年のエミー賞ではゾンビの特殊メイクが評価され、メイクアップ賞(人工装具)を受賞。その他音響効果賞、視覚効果賞にもノミネートを果たした。
そして、本年度のエミー賞でも昨年同様の3部門(メイクアップ賞[人工装具]、音響効果賞、視覚効果賞)にノミネート。(受賞発表:2012年9月23日)
こうした実績からも、作品の圧倒的なレベルの高さは疑う余地がない。また、ティーン・チョイス・アワードでも新作部門にノミネートされるなど、まさに幅広い分野で評価されている。

<速報!!>
2012年エミー賞で「ウォーキング・デッド」がメイクアップ賞を受賞!!


(グレッグ・ニコテロほか 受賞エピソード:シーズン2 第1話「長い旅路の始まり」)


3. ハリウッド豪華製作メンバーが集結!圧巻の映像クオリティー!!

映画『ターミネーター』や『エイリアン』で有名な製作総指揮のゲイル・アン・ハードを筆頭に、強力な製作陣が集結した本作は、映画さながらの壮大なストーリーとハイレベルな映像クオリティーで視聴者を魅了。コミックの原作者でもある人気作家ロバート・カークマンは、脚本や製作に参加し、原作の別バージョンとも呼べるようなドラマならではのストーリーを紡ぎ出す。そして、ゾンビメイクの第一人者グレッグ・ニコテロの技術で作られたリアルすぎるほどのウォーカーたちが、モノクロで描かれたアメコミ特有の世界を、色彩と躍動感あふれる映像へと昇華させる!

また、主人公の保安官リック役を演じる実力派イギリス人俳優アンドリュー・リンカーン(『ラブ・アクチュアリー』)をはじめ、リックの妻ローリ役は「プリズン・ブレイク」のサラ役でお馴染みのサラ・ウェイン・キャリーズ、仲間の用心棒的存在でもあるダリル役には、人気俳優ノーマン・リーダス(『処刑人』)など、キャスト陣にも演技力に定評のある俳優が顔を揃え、キャラクターのイメージを膨らませる。

こうして、ロングセラーコミックである原作とのリンクは保ちながらも、ドラマシリーズとしての独創的な世界観を確立!シーズンを追うごとに、そのスケールはさらに広がっている!


4. ヒューマンドラマさながらのストーリー。物語のカギを握る新キャラも登場!

本作では、“ウォーカー”と呼ばれるゾンビ達と戦うスリル感だけでなく、生き残った人間同士の様々な葛藤や過酷な生活を通して、生きるための「愛、強さ、責任感、自制心」をしっかりと描写する事も忘れない!現代社会の安全が破壊され秩序を失った世界で、生存者たちは確固たる人間性が保てるのか?極限の状況でこれ以上ない選択を迫られ、理性や道徳心に対する大きな疑問が投じられる。
さらに今シーズンは、完全に荒れ果てた世界の中に、突如として“安全な社会”であるウッドベリーが出現。物語に新たな局面が訪れる。そして、生存者のリーダーとしてアグレッシブなほどの統率力を見せるリックは、自分たちが生活する土地を確保するため、これまでにない戦いに挑むことに…。

また、今シーズンは新キャラとしてウッドベリーの総督と謎の女性戦士ミショーンが登場!
ストーリーに大きく関わる重要な存在となっていく!!


ウォーキング・デッドLAオーディションで日本代表が優勝!
ゾンビ役で出演決定!!

今年2月、FOXインターナショナル・チャンネルズでは「ウォーキング・デッド シーズン3」の出演権を懸け、世界40ヵ国以上でグローバル・キャンペーンを実施。Facebook上で募集したゾンビ・アバターの中から選ばれた各地域の代表者たちが、ロサンゼルスでのオーディションの参加資格を手にするファイナリストとなった。
そして、3月に行われたLAオーディションでは、なんと日本代表の神林あかねさんが優勝!!
本場ハリウッドで他の候補者たちと実際に演技指導や特殊メイクの講習を受けた後、オーディションではゾンビ姿で演技を披露。審査員として参加したグレン役のスティーブン・ユァンとメイクアップ・アーティストのグレッグ・ニコテロも絶賛するダントツの表現力で、見事「ウォーキング・デッド シーズン3」の出演権を獲得した!!
話題満載の新シーズン、我らが日本代表の記念すべき海外ドラマデビューも、必見です!

【撮影を終えて…】

昨年9月にアトランタで撮影に臨んだ神林さん。1シーンごとに時間をかけてロケが行われ、その現場の空気に強く感銘を受けたとのこと。「ウォーキング・デッド」の世界は、こうしてあらゆる面に細部までこだわり、徹底的に
作り込まれているからこそできるのだということを、実感したという。特殊メイクを施され、ゾンビとしての演技を成し遂げた神林さんは、10月にはなんとLAで行われた本シーズンのワールド・プレミアで、キャストと共にレッドカーペット・デビューも果たす!
出演者やスタッフともすっかり打ち解けた彼女だが、撮影の詳細に関しては、「森の中で行った」ということ以外、一切が口外禁止!徹底的なネタバレ対策により、ファンの期待もなおさら高まる!神林さんがどのシーンにどんなゾンビとして登場するのか、絶対にお見逃しなく!!


(*1)18-49歳(視聴者数480万人)、25-54歳(視聴者数420万人)における調査結果、米ニールセン調べ
(*2)18-49歳(視聴者数540万人)、25-54歳(視聴者数440万人)における調査結果、米ニールセン調べ
(*3) 18-49歳(視聴者数600万人)における調査結果、米ニールセン調べ (*4)2012年2月20日~26日、18-49歳、30分コメディー・シリーズ、バラエティー番組を除く60分ドラマ・カテゴリーでの調査結果、米ニールセン調べ


■ウォーキング・デッド その他のシーズンはこちら

 ・ウォーキング・デッド シーズン2
 ・ウォーキング・デッド シーズン1

(c)Gene Page/AMC/(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC. (c) 2012 AMC LLC. All Rights Reserved/© Photo Credit: Gene Page/AMC/(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC.

ページトップに戻る