大草原の小さな家 スペシャル「未来ある者たちへ」

大草原の小さな家 スペシャル「未来ある者たちへ」
大草原の小さな家 スペシャル「未来ある者たちへ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 最後の特別編!

    アメリカ西部開拓時代のインガルス一家の日々を描いた実話に基づく名作ファミリードラマ。アメリカ4大ネットワークNBCが1974年から1982年まで全9シーズン制作放送し、日本でも1975年からNHKで放送され多くのファンを持つ大ヒット作。

    原作は『大きな森の小さな家 (Little House in the Big Woods)』著者ローラ・インガルス・ワイルダーの自叙伝小説。
    頼もしい父親チャールズを中心に、心優しい母親、大人びた長女メアリー、お転婆な次女ローラに、ふたりのライバルであるお嬢様のネリーや、学校の先生、町の人々などがからみ、多感な少女ローラの視点を通して、心温まるエピソードが綴られていく。

    ファイナルとなったシーズン9が終了後、多くのファンの期待に応えるかたちで実現した、2時間スペシャル。
    これまで日本ではほぼ放送されることのなかった、知られざる特別編。大草原が贈るとっておきのクリスマス・エピソード!

    ストーリー

    クリスマスが近付き、街を代表してマンケイトへと買出しに出向くことになったローラたち。しかし、買い物の途中で目を離した隙に、娘のローズが行方不明になってしまう。必死の捜索の末、ローズがある女性に連れられ汽車に乗ったらしいことを突き止め、追跡を始めたローラたち。すると、道中で馬車の荷台に少年が乗り込んでいたことが分かり…

    放送年

    1984年

    原題

    Little House:Bless All The Dear Children

    プロデューサー・ディレクター・脚本家

    マイケル・ランドン、ウィリアム・F・クラクストン

    受賞歴

    エミー賞 4部門受賞 13部門ノミネート
    ゴールデン・グローブ賞 3部門ノミネート