奥さまは魔女 シーズン7

奥さまは魔女 シーズン7
奥さまは魔女 シーズン7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 ヒキ蛙の悩み(To Go or Not to Go, That is the Question)

    100年に一度、サレムで行われる魔女会議に、サマンサはダーリンと一緒に出席することを条件にする。そんな愚行は許すまじと、魔界の権力者で大司祭でもあるヘプジバがスティーブンス家に乗り込んでくる。
  • 第2話 居すわった女王陛下(Salem, Here We Come)

    人間を観察するという名目で、マクマン&テイト社に顔を出したヘプジバ。そこで知り合った、ダーリンの取引先である社長と恋に落ちてしまう。女の弱みをサマンサにつかまれ、ダーリンのサレム行きを了承することに。
  • 第3話 ついてきちゃイヤーン!(The Salem Saga)

    念願叶って、夫婦ふたりでサレムに出かけたサマンサとダーリン。なぜか博物館で出会った“こたつ”が、ふわふわとダーリンの後ろを追いかけ、ついてきてしまう。ダーリンはこたつ窃盗犯だと疑われ、留置所行きに。
  • 第4話 こたつの正体は…(Samantha's Hot Bed Warme)

    謎のこたつは魔法によって何者かが変身していると断定したサマンサは、その原因を探ることに。なんと、犯人はいとこのセリーナだったが・・・
  • 第5話 ダーリン銅像となる(Darrin on a Pedestal)

    サレムの街で、ハンサムな銅像に魅かれたセリーナは、彼とダーリンを入れ換えてしまう。冷たい像に変わり果てたダーリンだが、クライアントとの打ち合わせが控えていた!
  • 第6話 ティーポットやーい!(Paul Revere Rides Again)

    ドジ魔女エスメラルダが呼び出してしまったのは、独立戦争の英雄ポール・リヴィア。現代人を巻き込んでの大騒ぎを展開するが・・・
  • 第7話 見たぞ!見たぞ!(Samantha's Bad Day in Salem)

    サマンサに片思いしている魔法使いのウォルドー。思い余った彼はサマンサのコピーを作り、恋人にしてしまう。が、その状況をラリーに見られたから面倒なことに。
  • 第8話 魔力を失った魔女(Samantha's Old Salem Trip)

    エスメラルダがうっかりサマンサを17世紀のサレムに送り込んでしまう。記憶をなくしたサマンサを待っていたのは、魔女狩り全盛の時代。助けに乗り込んだダーリンまで、疑いをかけられてしまい……。
  • 第9話 変てこりんな犬(Samantha's Pet Warlock)

    ドッグ・フード会社の広告契約を取ろうと必死なラリーは、社長の気をひくために、世にも不思議な犬をダーリンが飼っていると吹聴。本気にした社長の前で頭を抱えるが、何とその不思議犬が現実のものとして出現!!
  • 第10話 サマンサのおじいちゃん(Samantha's Old Man)

    エンドラによって、白髪の老人に変身させられてしまったダーリン。機転をきかせてこの姿のまま仕事をこなし、見事成功するが、元の姿に戻った後、サマンサはダーリンの思わぬ悩みを知ることに……。
  • 第11話 あなたが笑えば私も笑う(The Corsican Cousins)

    格式高い、有名カントリークラブの入会を勧められたダーリン。セレブな会員が、スティーブンス家に面接に来ることになるが、その時サマンサは魔法の薬が原因で、感情の起伏が制御できないという状況に……。
  • 第12話 スランプも魔法のせい?(Samantha's Magic Potion)

    仕事でスランプに陥り、卑屈になってしまったダーリンのため、サマンサはドクター・ボンベイに魔法の薬を処方してもらう。効果は上々だったが、ダーリンは自分の心の弱さを反省し、スランプに立ち向かう決意をする。
  • 第13話 水玉姉妹(Sisters at Heart)

    リサとタバサは大の仲良し。"姉妹になりたい"という以前からの願いを、タバサが魔法で叶えようとする。肌の色も仲良く一緒にしようとしたところ、ふたりの顔にはおそろいの水玉模様が現れて……。
  • 第14話 おしゅうとめさんNo.1(Mother-in-Law of the Year)

    全米に父の日、母の日に次ぐ"おしゅうとめの日"が設定されるかも!?じつはこれ、世界一のおしゅうとめを自負するエンドラが仕組んだ策略。自らがイメージ・キャラクターとなりCM出演まで決めてしまう。
  • 第15話 よっぱらったようせい(Mary the Good Fairy)

    スティーブンス家に妖精がやって来る。彼女はサマンサの友人で、せっかくだからとふるまわれたブランデーに酔っぱらってしまい、フラフラに。結局、サマンサが妖精の仕事を代わりにやるはめに陥ってしまう。
  • 第16話 帰ってきたよっぱらい(The Good Fairy Strikes Again)

    すっかりグウタラ生活に馴染んでしまった妖精のメアリーはサマンサに仕事を押しつけ、スティーブンス家で大きな顔。が、サマンサにつけさせた妖精の羽根が、ボロボロになってしまったのを見て改心する。
  • 第17話 ダーリンは魔法使いになる!(The Return of Darrin the Bold)

    いっそ、ダーリンを魔法使いにしてしまえば気も楽になると考えたエンドラは、過去に逆上って、ダーリンの先祖“カミナリ・ダーリン”を魔法使いにするように仕向ける。
  • 第18話 いたずらおじさん変身ス(The House that Uncle Arthur Built)

    美貌の魔女アレサと婚約したアーサーおじさん。冗談の通じない彼女にメロメロなアーサーおじさんは、自分のイタズラ心をスティーブンス家に置き去り、真面目な紳士として生まれ変わる決意をする。
  • 第19話 魔女ドックいり(Samantha and the Troll)

    魔法のスランプに陥ったサマンサは、魔女ドックに入り精密検査を受けることに。留守中の代役を頼まれたのは、いとこのセリーナ。が、クライアントを誘惑したり奔放な言動を繰り返し、事態は悪い方向に……?
  • 第20話 ダーリン豚児になる(This Little Piggie)

    またもエンドラとの大喧嘩の末、今度は頭が豚になった“豚男”に変身させられてしまったダーリン。しかも、その日は豚肉レストランチェーンの社長と打ち合わせの日だった。豚頭を逆手にとるしかないのだが……!?
  • 第21話 夫婦交換(Mixed Doubles)

    ある朝、起きてみると、サマンサはラリーの妻に、ルイーズがダーリンの妻なっているという怪現象に見舞われた。しかもサマンサ以外はこの状況に気づいておらず、当面この妙な生活を続けなくてはいけない状況に陥る。
  • 第22話 ゴリラが出たぞー!(Darrin Goes Ape)

    セリーナからの贈り物を断ったダーリンは、腹いせにゴリラの姿に変えられてしまう。警察に通報され、動物保護動物園であるジャングル島に送られ、メスゴリラとお見合いするという憂き目に……。
  • 第23話 拾った大金、どうする?(Money Happy Returns)

    タクシーの中で数万ドルの大金を見つけたダーリンは、エンドラのしわざと思い込み、サマンサと口論に。が、じつはこれ魔法のイタズラではなく、マフィア絡みのアブナイ事件にかかわるお金であった。
  • 第24話 子供はウソをつきません(Out of the Mouths of Babes)

    エンドラによって10歳の子供に逆戻りさせられてしまったダーリン。憤慨しつつも、これはこれで快適な暮らしだと思いはじめる。言いづらいことも子供の視点から正直に話すことで仕事も大成功し、ご満悦。
  • 第25話 魔女がしゃっくりをした時(Sam's Psychic Slip)

    ダーリンからプレゼントされたブレスレットを身につけた途端、サマンサはしゃっくりが止まらなくなってしまう。しかも、しゃっくりのたびに様々な物が飛び出すというおまけつきだから、余計困った状況に。
  • 第26話 中年魔女のイメージ・チェンジ(Samantha's Magic Mirror)

    エスメラルダがボーイフレンドのファーディと、400年ぶりにデートすることに。が、当のエスメラルダは容貌が衰え、魔法もさびついた自分に自信が持てず、浮かない顔。サマンサがひと肌脱ぐことになった。
  • 第27話 幸せなら笑いましょう(Laugh, Clown, Laugh)

    エンドラのユーモアセンスが理解できないというダーリンは、怒った彼女にひどいユーモアセンスを授けられてしまう。クライアントの前でも、常人には理解できないギャグを連発し、大ピンチ!
  • 第28話 ダーリンのママも魔女?(Samantha and the Antique Doll)

    タバサとアダムが魔法を使っているところを目撃した姑のフィリスは自分が魔女であると勘違い。サマンサの働きによって、さらに信憑性が深まり鼻高々であったが、あることをきっかけにその魔力(?)の封印を誓う。