奥さまは魔女 シーズン1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 花嫁は魔女だった(I, Darrin, Take This Witch, Samantha)

    魔女サマンサはダーリンと結婚し新しい生活を始める。ある日、二人はダーリンの元恋人シーラのホーム・パーティーに揃って誘われる。しかし、シーラの度重なる意地悪に頭にきたサマンサはついに“あれ”を使ってしまいます。
  • 第2話 おおスイートホーム(Be it Ever So Mortgaged)

    サマンサとエンドラは新居の下見に訪れる。早速、二人はあれこれと家のリフォームを魔法で楽しみます。その様子を見てビックリ仰天したお向かいのグラディスさんは・・・。
  • 第3話 犬になったお客様(It Shouldn't Happen to a Dog)

    ダーリンはお得意様のバーカーさんを招いてホーム・パーティーを開く。ところが泥酔したバーカーさんはサマンサにベタベタしていくる始末。あまりのしつこさに困り果てたサマンサは彼を魔法で・・・。
  • 第4話 ままならぬママの魔女(Mother Meets What's His Name)

    グラディスさんはサマンサとダーリンの周りで次々と起こる不思議な出来事の原因を突き止めようと躍起。しかし、驚くグラディスさんを気にも止めず、エンドラは近所の少年たちを縄で縛るイタズラをしてしまう。
  • 第5話 アイデア騒動(Help, Help, Don't Save Me)

    サマンサの考えた宣伝コピーを魔法によるものだと勝手に思い込んだダーリンは、お得意先に自分の案だけを売り込むが結果はNO。更に断られた事までもが魔法だと疑うダーリンに怒ったサマンサは、とうとう家を出てしまいます。
  • 第6話 豆選手万歳!(Little Pitchers Have Big Fears)

    過保護な母親のもとで育った自信のない少年マーシャル。サマンサはそんな彼に自信を持ってもらおうと少年野球チームに入ることを勧め、その上魔法をかけて彼をスター選手にしてしまう。
  • 第7話 魔女のストライキ(The Witches Are Out)

    ダーリンはお得意先からキャンデーの広告デザインに“イボイボのある魔女”を描くよう依頼される。しかし、それを知ったサマンサは激怒。
  • 第8話 割り込んだ小悪魔(The Girl Reporter)

    ダーリンの広告の仕事についてインタビューしようと学生のライザが自宅に訪れる。妙にダーリンに迫るライザにサマンサはイライラ。そこへ、ライザのボーイフレンドまでもが怒鳴りこんできて・・・。
  • 第9話 浮気はパリで(Witch or Wife?)

    ダーリンはパリへ旅立ったラリーの仕事を一手に引き受け大忙し。一方、一人寂しくダーリンを待つサマンサのもとへエンドラからパリに行くお誘いが。二人は魔法でパリへ向かうが、こともあろうにラリーと出くわしてしまう。
  • 第10話 おおマイパパ(Just One Happy Family)

    サマンサの父モリースが新婚家庭を訪れることに。サマンサが人間と結婚したことを知らないモリースは、ダーリンの薬を発見、処方箋からダーリンが人間だと気付いてしまう。激怒したモリースはウルトラ級の魔法を使いダーリンを消してしまう!?
  • 第11話 ダーリンの浮気(IT TAKES ONE TO KNOW ONE)

    ダーリンは香水の宣伝を担当。モデルを探していると、魅力的なジェニーンに出会う。すっかり夢中になったダーリンは彼女につきっきり。しかし、ジェニーンの存在はエンドラが雇った魔女だとばれてしまい・・・。
  • 第12話 生まれた生まれた…(AND SOMETHING MAKES THREE)

    サマンサにラリーの妻ルイーズから電話があり、結婚16年目にして子供が出来たと告白される。二人で産婦人科へ向かう途中にラリーに見られてしまう。てっきりサマンサが妊娠したと思い込んだラリーは、ダーリンに報告する。
  • 第13話 恋の魔術師(LOVE IS BLIND)

    サマンサは、友人でちょっと冴えない人間の女の子、ガートルードに素敵な恋を楽しんでもらおうと、ダーリンの友人を紹介。が、ダーリンがガートルードも魔女だと思い込んだから話は複雑に…。
  • 第14話 とかくシュウトメは…(SAMANTHA MEETS THE FOLKS)

    ある週末にダーリンの両親が訪ねてくることに。そこへ突然クララおばさんも現れ、サマンサは彼女もゲストとして迎える。ところがお人好しのおばさんは自分とサマンサが魔女だということをダーリンの両親に明かしてしまう・・・。
  • 第15話 北極のサンタクロース(A VISION OF SUGAR PLUMS)

    子供のいない家庭では孤児を招待して共にクリスマスを過ごす習慣があります。スティーブンス家でもマイケルという少年とお祝いする事に。しかし、捻くれ者の彼はサンタクロースの存在を信じない。そこでサマンサは本物にあわせようと北極へ。
  • 第16話 あーら不思議(IT'S MAGIC)

    サマンサは病院のチャリティーショーを任される。しかし、予算がないためギャラの安い魔術師ジーノを雇うことに。しかし、彼は当日舞台に上がれないと言い出す始末。サマンサは仕方なく助手を務め魔法で手助けをすることに。
  • 第17話 夫婦善哉(A IS FOR AARDVARK)

    足を怪我し会社を休んだダーリンは、ベットから事あるごとにサマンサを呼びつける。さすがにうんざりしたサマンサはダーリンに魔法の力を与える。魔法の力にすっかりゴキゲンなダーリンは会社を辞めて二人で世界旅行に出掛けたいと言い出す始末。
  • 第18話 猫にバケたな(THE CAT'S MEOW)

    得意先の会長マーガレットはダーリンにひと目惚れ。彼女はダーリンを誘惑しようとあの手この手で迫るが、いいときになると猫が現れてうらめしい声をあげる。この猫をサマンサだと思ったダーリンは家へ連れて帰ってくるが・・・。
  • 第19話 離婚もたのし(A NICE LITTLE DINNER PARTY)

    サマンサはダーリンの両親が寂しそうなのでエンドラと共に夕食へ招待する。しかし、ダーリンの父親フランクはエンドラに夢中となってしまう。二人はデートの約束までし、その夜、フランクが外泊した事で大騒ぎに・・・。
  • 第20話 正体みえたり (YOUR WITCH IS SHOWING)

    サマンサはエジプトにいるいとこの結婚式に招待されたが、ダーリンから反対されエンドラ一人で行くことに。エンドラが出掛けるとダーリンは急に仕事をミスしてばかり。エンドラの仕業だと思ったダーリンは彼女を問い詰めるが・・・。
  • 第21話 猫じゃ猫じゃ(LING LING)

    ダーリンから「東洋の宝石」のモデルが見つからず困っていることを聞いたサマンサは、エキゾチックな猫を美女リンリンに変身させる。ダーリンとラリーは大喜びするが、チヤホヤされたリンリンは猫に戻るのを嫌がり・・・。
  • 第22話 サマンサは二百才?(EYE OF THE BEHOLDER)

    ダーリンはサマンサによく似た何百年も昔の肖像画を見つけて大ショック。自分だけが歳を取り、サマンサは何百年、何千年も生きるに違いないと思い込む。歳を聞いても答えないサマンサに更に落ち込むダーリンは・・・。
  • 第23話 信号機やーい(RED LIGHT, GREEN LIGHT)

    サマンサや近所の人たちは信号機がないために、いつも通りを渡れないでいる。これに業を煮やしたサマンサたちは信号機の取り付けを市長に訴えるが聞き入れてもらえず、エンドラの手を借りてあることを企てる。
  • 第24話 サマンサよろめく(WHICH WITCH IS WHICH?)

    バーゲンに夢中で、洋服の仮縫いの時間に間に合わなくなったサマンサはエンドラに代役を依頼。サマンサに扮したエンドラはダーリンの友達ボブと知り合い、アバンチュールを楽しみたくなりデートを重ね・・・。
  • 第25話 お隣の美人(PLEASURE O'RILEY)

    お隣りにプレジャーという若い美人モデルが引っ越してきた。女の匂いをぷんぷんさせる彼女にダーリンもついフラフラ。しかし、ヤキモチを焼いた彼女のボーイフレンドが乗り込んできて・・・。
  • 第26話 とかく女と車は…(DRIVING IS THE ONLY WAY TO FLY)

    サマンサは運転をダーリンに習おうとするが、お互いにイライラするので教習所へ通うことに。ところが、サマンサの担当教官はいつもソワソワ落ち着きがない。ついには、サマンサが運転中に魔法を使うと、錯乱状態になり、教習所をクビになってしまう。
  • 第27話 年はとりたくないね(THERE'S NO WITCH LIKE AN OLD WITCH)

    クララおばさんは歳で魔力が衰えたことに落ち込み気味。しかし、サマンサの友達の家で子守りを引き受け、簡単な魔法を披露、たちまち人気者に。その上、自分が魔女だと打ち明けると子供たちも信じてしまい・・・。
  • 第28話 ままならぬドア(OPEN THE DOOR, WITCHCRAFT)

    スーパーで見たガレージの自動ドアに感激したサマンサは、早速その気になって魔法でドアを開けてしまう。ところがこれをグラディスさんに見られたから大変。スティーブンス家では本物の自動ドアを買うハメに・・・。
  • 第29話 出るぞ出るぞ(ABNER KADABRA)

    サマンサは魔法で絵を替えているところをグラディスさんに見られてしまう。そこでサマンサはグラディスさん自身が無意識にやったことと信じさせて取り繕うが、グラディスさんは不思議な力が自分にあると思い込み、有頂天になってしまう。
  • 第30話 またまたお隣に美人(GEORGE, THE WARLOCK)

    プレジャーが新婚旅行に行っている間、妹のデインジャーがお隣りにやってきた。ダーリンが悪気もなく一人きりの彼女を手助けする姿を見たエンドラは、結婚を壊すチャンスとばかりに魔法使いジョージにサマンサとのロマンスを勧める。
  • 第31話 ああややこし(THAT WAS MY WIFE)

    たまにはゆっくり過ごそうとダーリンとサマンサはホテルのロビーで待ち合わせ。ところがサマンサが気まぐれに黒髪のカツラをつけて登場したことから、偶然居合わせたラリーはダーリンが浮気をしていると勘違いしてしまう・・・。
  • 第32話 図々しい奴(ILLEGAL SEPARATION)

    グラディスさんと大喧嘩をしたアブナーは家を追い出されスティーブンス家に飛び込んでくる。翌日になっても帰ろうとしないアブナーに、サマンサは仲直りさせるため、プロポーズした日を夢にみる魔法をかける。
  • 第33話 どうなっちゃったの…(A CHANGE OF FACE)

    エンドラとサマンサに、顔のことをバカにされ、ショックを受けたダーリン。サマンサはすぐに反省し、あの手この手でダーリンの自信を取り戻させようとするが、今回は彼のほうが一枚上手だった?
  • 第34話 たたけばホコリが(REMEMBER THE MAIN)

    若手市会議員候補エドの選挙活動を応援するサマンサとダーリン。テレビの討論会で現職議員の汚職を暴こうと用水路問題を追求するが、調査の結果、その問題だけが唯一汚職が絡んでいないと判明してしまう。
  • 第35話 とかく女と食物は…(EAT AT MARIO'S)

    イタリア料理店へ行ったサマンサとエンドラは本場の味を堪能しゴキゲン。しかし、店主マリオは最近ピザが主流になり、昔ながらの料理では客が入らず潰れてしまいそうだと洩らす。残念に思ったサマンサは魔法を使って新聞広告を出すが・・・。
  • 第36話 また変なのが出た(COUSIN EDGAR)

    イタズラ好きのサマンサのいとこエドガーがスティーブンス家に現れる。エドガーはサマンサのことが大好き。しかし、人間と結婚したのは一族の名を汚す事だとして、ダーリンに悪戯をし始める。