セックス・アンド・ザ・シティ シーズン5

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン5
セックス・アンド・ザ・シティ シーズン5
セックス・アンド・ザ・シティ シーズン5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 恋人はNY (Anchors Away)

    一生にほんとの大恋愛は何回できる?キャリーはその答えを探すうち、もし、大恋愛の相手が一人だけだとしたら、自分の相手はニューヨークだ、という結論を出す。トレイと別れたものの、まだ元夫の面影を引きずっているシャーロット、これではいけない、誰でもいいからセックスして、新しい人生を始めようと、彼女らしからぬ決心をする。サマンサは、いくらリチャードが謝っても決して許そうとしない。でも、本心では未練たっぷり。
  • 第2話 愛こそすべて (Unoriginal Sin)

    男日照りの続くキャリー、コラムのねたがないと苦しむが、思いがけないいい話が入ってくる。なんと、キャリーのコラムが本として出版されるというのだ。ミランダは、スティーブがどうしてもブレディに洗礼を受けさせたいと言い出したため、しぶしぶ承知する。サマンサは、リチャードの「本気で君に惚れた自分が怖くなった」というくさいセリフと、大きなダイヤのプレゼントに負け、よりを戻すことに…。
  • 第3話 恋愛に勝つ確率 (Luck Be An Old Lady)

    シャーロットの36歳の誕生日に4人はアトランティックシティーに出かける。男日照りの続くキャリーは、このまま一人で年を取っていく可能性大だと考え、恋愛より友情を深めることに。だがミランダは子供を産んでから自分のことで精一杯、友達に気を使っている余裕も体力もない。シャーロットは、独身のまま36を迎えることに苛立ち、サマンサは、リチャードが浮気しないか心配で落ち着かない。
  • 第4話 魅惑のカバーガール (Cover Girl)

    キャリーは、自分の本の表紙の撮影に何を着るかで頭を悩ます。サマンサが協力を申し出るが、サマンサの選んだ衣装はまるで高級娼婦。キャリーが文句を言うと、サマンサは、自分が宅配の男にフェラチオをやってる現場を見たからイチャモンつけるのだと、怒り出す。どうやらリチャードと別れて以来、鉄のように強かったサマンサに変化があったようだ。ミランダは、集団ダイエットに参加、そこで知り合ったトムといい仲になる。
  • 第5話 “プラスワン”は孤独のコードネーム(Plus One Is The Loneliest Number)

    出版記念パーティーが開かれることに。そんな中、新たな出会いがある。彼の名はジャック・バーガー。漫画家で、ややオタクなところがあるものの、知的で女にこびていない。キャリーは、会った途端に惹かれるが、バーガーには同棲している彼女がいるという。ミランダは、ウォーカーと再会。ベッドインにこぎつけるが、ブレディが泣き出し、オーガズムに達することはできなかった。それでも、男より息子がかわいいと思うのだった。
  • 第6話 恋愛に関する悪いウワサ

    キャリーの本の批評がタイムズに出た。"男はポイ捨て可能、独身女も強い"と評され、キャリーは落ち込む。その上、キャリーの後にエイダンと付き合ったという女ニナが町中にキャリーの悪口を言いふらしている様子。キャリーは落ち込む。ミランダは、育児でへろへろ状態。シャーロットは、敏腕弁護士ハリーのお陰でトレイと住んだアパートを貰えることになる。またサマンサはサマンサなりにミランダをサポートしようとする。
  • 第7話 “ビッグ”ジャーニー

    キャリーは本の宣伝のため、サンフランシスコに行くことに。サマンサを誘って寝台列車に乗り込んだキャリーだが、列車の中は面白いことは一つもない。サンフランシスコでは、ビッグと再会を果たすが、セックスしたくてたまらないキャリーに引き換え、ビッグは本の内容が気になって仕方がない様子。君を傷つけるならセックスはできないとまでのたまう。シャーロットは、思いがけずハリーに愛を告白され、好きでもないが寝てしまう。
  • 第8話 新たな恋の予感

    ゲイのピアノ弾き・ボビーが、金持ちの女性ビッツィーと結婚する事になり4人はハンプトンズの結婚式に出席、なぜ二人が結婚に至ったか?真相は誰にもわからない。ハンプトンズでバーガーに再会したキャリーは、彼が彼女と別れたことを知る。そして新たな恋の予感に胸を躍らせる。シャーロットはハリーとうまくいくのだが、ネックはハリーがユダヤ人だという事。サマンサは別れたリチャードの別荘を借り盛大なパーティーを開く。