ホーム > FOX > 番組ラインナップ > アメリカン・アイドル シーズン11

アメリカン・アイドル シーズン11

  • お気に入りのファイナリストに投票してアメリカ旅行が当たる!?「日本独自の人気投票」結果はこちら!
この番組をシェア
Check

オンエアスケジュール

放送日時

番組概要

2002年の放送開始以来、全米のテレビ史上、例を見ない高視聴率を記録し続けている
視聴者参加型の国民的公開オーディション番組、『アメリカン・アイドル』。
前シーズンより、伝説のロックバンド「エアロスミス」のヴォーカリスト、スティーヴン・タイラーと
歌手に女優にビジネスに活躍するスーパーセレブ、ジェニファー・ロペスを審査員に迎え、
その人気はさらに高い物に。

シーズン11では、サンディエゴ、セントルイス、ポートランド、ガルベストン、ピッツバーグ、サバンナ、アスペンの7都市で地区別予選を行い全米から募った約10万人のオーディション参加者を審査する。
約10万人の応募者の中から難関を突破した150~200名が次のステップ、
夢のハリウッド&ラスベガス予選に参加出来る。
ハリウッドとラスベガスでは次から次へと課題が出され、参加者はどんどんふるいにかけられていく。

セミファイナリスト(24~36名)に残るとここからは生放送!(注;アメリカの放送のみ)
オンエアを見ている視聴者の電話投票が始まり獲得数の多い者が勝ち残っていく、
サバイバル・バトルとなる。
昨年からスタートしたオンライン投票も好評で、今シーズンもさらに白熱した展開が予想される!
約半年間に渡るプロ顔負けのハイレベルな戦いを制した優勝者は、
賞金100万ドルとレコード会社と契約を結ぶ権利を得て、
国民に選ばれた真の“アメリカン・アイドル”となり、
これまでの優勝者たちと同じく、一躍トップアーティストの仲間入りをする。

アメリカ全土を巻き込んだ投票の結果、10万人の頂点に立つのは、いったい誰だ?!
今シーズンもアメアイから目が離せない!!

※オーディションの内容、放送スケジュールは、変更になる場合があります

見どころ

新生アメアイ・メンバーで人気はさらに上昇!
昨シーズンから審査員を一新し、人気を増したアメアイ。看板辛口審査員だったサイモンの降板で番組の視聴率も心配されていたが、スティーヴン・タイラー、ジェニファー・ロペスというスーパースターの起用が功を奏す。
プロの世界を知り尽くした2人の、時に厳しくもやさしさ溢れるコメントに全米が共感。新たなファンを獲得した。
審査員に新メンバーが加わり、新しく生まれ変わったアメアイ。今シーズンも目が離せない!!
新生アメアイメンバーで人気はさらに上昇!
プロ顔負けの参加者続出!半年間続くオーディションは見どころ満載!
サンディエゴ、セントルイス、ポートランドなど全米7都市での地方予選からプロ顔負けの参加者達が続々登場。
地方予選を突破した150名~200名の中から次のステップ、ハリウッド&ラスベガス予選を経て、審査員によりセミファイナリスト(24~36名)が選出される。
ここから視聴者投票が始まり、最後にたった一人の“アメリカン・アイドル"が誕生する!
プロ顔負けの参加者続出!半年間続くオーディションは見どころ満載!
豪華ゲストが目白押し!
昨シーズンでも、ゲストコーチとしてレディー・ガガ、ビヨンセ、ウィル・アイ・アム、シェリル・クロウ、映画俳優のラッセル・ブランド、映画監督のロブ・ライナーなど、豪華ゲストが出演!
さらにフィナーレは、レディー・ガガ、ビヨンセ、ボノ、スティーヴン・タイラー、映画俳優のジャック・ブラック、80年代のメタルバンドのジューダス・プリーストなど、豪華顔ぶれがパフォーマンスを披露。今年はどんな大物アーティストが出演するのか?
豪華ゲストが目白押し!
視聴者参加型が人気の秘訣!?
アメアイの人気を支えているのはなんと言っても、優勝者の決定権が視聴者ひとりひとりに託される投票システムだ。
オンライン投票が加わった昨シーズンのフィナーレの投票数は、番組史上最多の1億2240万票!
前回のアメリカ大統領選挙の開票数にも匹敵する、社会現象とも言える驚異的な盛り上がりを見せている
視聴者参加型が人気の秘訣!?

キャスト

スティーヴン・タイラー/審査員
スティーヴン・タイラー(本名 スティーヴン・ヴィクター・タラリコ)は、アメリカを代表するロックバンド、エアロスミスのリードボーカルとして世界中で広く知られている。タイラーは、歌唱力だけでなく、ハーモニカやピアノなど、あらゆる楽器の演奏も得意。スカーフをマイクスタンドに巻きつけて歌う独特のスタイルは、ファンの間で特に有名。2001年には、その功績が認められロックの殿堂入りを果たす。2012年は実に11年振りとなる待望のオリジナル・アルバムの発売を予定している。
ジェニファー・ロペス/審査員
俳優、歌手、プロデューサー、起業家。世界中で5500万枚ものレコードセールスを記録し、様々なトップセールスの映画にも出演。2010年は映画『バックアップ・プラン』に主演。同年、本作「アメリカン・アイドル」での審査員としての活躍が全米で共感を呼び、人気が再燃。2011年には41歳にして米ピープル誌の「世界で最も美しい女性」第1位に輝く。俳優、歌手以外にも、TV制作プロデューサーや自身の香水ブランドを手掛け大ヒットを飛ばすなど多方面での活躍を見せる他、チャリティー団体を創設するなど福祉事業にも力を入れて取り組んでいる。
ランディ・ジャクソン/審査員
サミュエル・L・ジャクソンの従兄弟。マドンナ、ホイットニー・ヒューストン、ブルース・スプリングスティーン、ボブ・ディランなど多彩なアーティストとのセッション・プレイヤーとして活躍。プロデューサー&ソングライターとしてもその才能を発揮し、マライヤ・キャリーのベーシスト兼音楽ディレクターとしても活動していた。音楽プロデューサーとしてはグラミー賞も受賞。本作「アメリカン・アイドル」の審査員としては、プロデューサーの視点から、主に専門的な解説や批評をする役割を担う。
ライアン・シークレスト/司会者
これまでにはエミー賞の司会をはじめ数々のテレビ番組のホスト役を務め、テレビ出演料が最も高額なリアリティー番組司会者として認定された事もある、アメリカきっての名司会者。米ピープル誌の『50人の美しい人』に選ばれ、『ハリウッドの将来を担う20人の若き大物』の1人にも挙げられているなど、アメリカでの人気は留まるところを知らない。
自身の名を冠したラジオ番組「On Air With Ryan Seacrest」ではDJも務めており、「アメリカン・アイドル」シーズン11の審査員決定は、同番組内で発表された。

エピソード

  • #1101 地方予選 – ジョージア州サバンナ
    大人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」がいよいよシーズン11に突入!昨シーズンに引き続き、ロック界の大御所スティーヴン・タイラー、世界の歌姫ジェニファー・ロペス、そしてお馴染みの古株ランディ・ジャクソンを審査員に迎え、全米各地からスターの原石を発掘する。今回の地方予選の舞台はジョージア州サバンナ。予選開始直後から、審査員たちをうならせる実力の持ち主が続々と登場し、番組始まって以来の好調な滑り出しを見せる。司会者のライアン・シークレストに髪型から話し方までそっくりな男性や、元大リーガーを父に持つ少女、森の中に住む女性、セクシーなNBAのチアリーダーなど、今回も個性的な面々が大集結。中には審査員の判定に納得できず、リベンジを誓う参加者の姿も。また大人顔負けの歌唱力を持つ若い才能にも注目だ。果たしてこの地から未来のスターは誕生するのか?今シーズンも「アメリカン・アイドル」から目が離せない!
  • #1102 地方予選 – ペンシルベニア州ピッツバーグ
    大人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」。今回はペンシルベニア州ピッツバーグでの地方予選の模様をお届けする。ピッツバーグには多くの強豪スポーツチームがあり、「勝者の街」と称されるほどだ。その名にふさわしいスーパースターは現れるだろうか?審査員はランディ・ジャクソン、ジェニファー・ロペス、そしてスティーヴン・タイラーの3人。今回も多彩な顔ぶれの参加者が集まった。「そんなに自信がない」と言い、やたら人を褒めまくる男性。その実力のほどは?また2歳からステージに立っていたという芸能一家出身の26歳や、定職につかず、ニューヨークで歌や作曲での成功を狙う28歳といったベテラン組も登場。一方でジャスティン・ビーバー似の15歳の少年も登場し、そのかわいらしさでジェニファーをとりこにする。年齢や歩んできた道はバラバラでも、夢の実現を願う気持ちは皆同じ。スターの原石は現れるのか? どうぞお見逃しなく!
  • #1103 地方予選 – カリフォルニア州サンディエゴ
    大人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」。今回の地方予選の舞台となるのはカリフォルニア州サンディエゴ。審査員はおなじみ、ランディ・ジャクソン、ジェニファー・ロペス、そしてスティーヴン・タイラーの3人。だが予選会場となる場所はいつもと少し違う。何とサンディエゴの港に停泊する航空母艦なのだ。目新しい環境にはしゃぐ審査員たちだったが、船の汽笛や飛行機のエンジン音などで、たびたび審査が中断されるというアクシデントに見舞われてしまう。そんな中、オーディションに挑むのは個性派ぞろいの参加者たち。露出度の多いビキニ姿で登場し、ライアンや男性審査員たちを悩殺するセクシー美女。ジェニファーのために作った、際どい曲を披露する男性。また、抜群の歌唱力でランディをうならせるシングルマザーもいた。そしてある有名人の娘が登場。彼女の父親とは?逸材ぞろいのサンディエゴ予選は見応えたっぷり。どうぞお見逃しなく!
  • #1104 地方予選 – コロラド州アスペン
    シーズン11に突入し、ますます目が離せない大人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」。スター発掘の旅を続ける審査員はもちろん、ランディ・ジャクソン、ジェニファー・ロペス、スティーヴン・タイラーの3人だ。地方予選も中盤に差しかかった今回、彼らが訪れたのはロッキー山脈に囲まれ、スキーリゾートとしても有名な美しい山間の町コロラド州アスペン。見慣れた大都市の風景とはまったく違う自然豊かな環境に興奮する審査員たちの前に、今回も個性豊かな参加者たちが登場する。スティーヴンとのキスを狙うエネルギッシュな音楽教師、昨シーズンの覇者スコッティ・マクリアリーを思わせる少年、スティーヴン絶賛の歌声を持つ少女、重い病気を抱える学生などに続き、年齢不詳の何とも怪しげな自称エアギタリストの男性も登場。果たして3人の審査員たちはこの小さな田舎町でスターを見つけることができるのか?白熱するアスペン予選をお見逃しなく!
  • #1105 地方予選 – テキサス州ヒューストン
    大人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」、今回の地方予選はテキサス州ヒューストン。シーズン1の優勝者ケリー・クラークソンの故郷であるテキサスからは、果たして彼女のような才能ある参加者が現れるだろうか?今回も、ランディ・ジャクソン、ジェニファー・ロペス、スティーヴン・タイラーの3人の審査員の前に、バラエティに富んだ参加者が大集結。感激屋の不思議キャラや“革命を起こす"と意気込む勘違い参加者が登場し、審査員をあ然とさせる。また、過去シーズンでハリウッド予選まで進んだ女性が、5年ぶりに番組に再挑戦する場面も。さらに離婚係争中の3児の母やホームレス経験のある男性、生まれつきの障害を奇跡的に克服した男性などが、困難に屈せず夢に向かってオーディションに挑む。そんな中、ランディ スティーヴンの男性陣とジェニファーの意見が対立。合否をめぐる審査員同士のバトルからも目が離せない。テキサスでの地方予選をお見逃しなく!
  • #1106 地方予選 – オレゴン州ポートランド
    シーズン11に突入し、ますます目が離せない大人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」。今回は、オレゴン州ポートランドから地方予選の模様をお届けする。初めて予選が行われるこの都市から、果たして未来のスターは見つかるだろうか?審査員はおなじみ、ランディ・ジャクソン、ジェニファー・ロペス、スティーヴン・タイラーの3人。開始早々から、すばらしい才能の持ち主たちが続々と登場し、審査員をあっと驚かせる。有名歌手とコンサートでデュエットを果たした女性や、2人の息子を育てるシングルマザー、内戦の影響で難民生活を余儀なくされたリベリア出身の男性、さらには病魔と闘う恋人を必死で支える気丈な女性など、今回も魅力あふれる参加者たちが各地から大集結。涙なくしては見ることのできない感動のストーリーから、思わず吹き出してしまいそうな奇妙なパフォーマンスまで…。見応えたっぷりのポートランド予選を、どうぞお見逃しなく!
  • #1107 地方予選 – ミズーリ州セントルイス
    大人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」。今シーズンの地方予選もいよいよ今回が最後。舞台は中西部の大都市、セントルイスだ。シーズン4優勝者で、グラミー賞にも輝いたキャリー・アンダーウッドが予選に参加した地とあって、審査員のランディ・ジャクソン、ジェニファー・ロペス、スティーヴン・タイラーの期待も膨らむ。今回も、迫力の歌声を持つ参加者が続出。ある男性は、地元で有名なミュージシャンだったものの現在は依存症で治療中という父親への思いを語る。また女性の中にも父がミュージシャンだという参加者が登場。愛らしい出で立ちの彼女が歌い始めた途端、審査員たちは目を丸くする。さらに審査会場となったホテルの従業員の中にも番組への挑戦者が。職場でいつも歌っているから大丈夫と後押しする同僚たちを引き連れ、意気揚々と審査に臨んだ彼の歌声やいかに?注目株が続々と登場するセントルイス予選をどうぞお見逃しなく。
  • #1108 ハリウッド予選1
    大人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」。全米7都市で開催された地方予選を勝ち抜いた309人の参加者たち。今回からはいよいよハリウッド予選が始まり、激戦を制した参加者たちが優勝を勝ち取るための過酷な戦いを本格的にスタートさせる。まず参加者たちは、審査員の前でアカペラを披露。10人ずつステージに呼ばれ、自ら選んだ曲を歌い上げる。そして審査員たちは10人が歌い終えたところで審議に入り、運命の結果発表を行う。なんとこの段階で、早くも参加者の約半数が脱落することになる。計り知れないプレッシャーと緊張に押し潰ぶされそうになりながらも、精一杯、歌い上げる参加者たち。しかし、予想通りの成果を残す者もいれば、無残な結果に終わる者も。さらに、ステージではある候補者が大きなハプニングに見舞われるなど、様々なドラマが繰り広げられる。今回も、夢を懸けた参加者たちの熱き戦いをお見逃しなく!
  • #1109 ハリウッド予選2
    前回、ついに幕を開けたハリウッド予選。今回は最も過酷と言われるグループ審査に突入する。グループ結成にあたり一次審査終了後に発表されたルールは「1日目と2日目の参加者の混合グループを作ること」。一次審査の行われた2日のうちにすでにグループを作っていた参加者たちはこれを聞いてパニックに。しかし、ようやくグループが決まっても茨の道は続く。翌朝までの限られた時間の中で、歌と振り付けを完ぺきに仕上げなければならないのだ。身体的疲労とプレッシャーが参加者の体力を奪い、体調不良者が続出。おまけに参加者内ではインフルエンザまで流行する。さらに意見が合わず孤立する参加者や、空中分解寸前となるグループも。初めて体験する重圧をはねのけ、最終審査に進むのは誰? さらに一次審査の最中に倒れたシモーヌの容態と合否も明らかに。シーズン11にして過去に類をみない波乱の展開を見せるグループ審査をどうぞお見逃しなく!
  • #1110 ハリウッド予選3
    大人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」、波乱のハリウッド予選がいよいよ大詰めに。前半はグループ審査の続き、後半はグループ予選を勝ち抜いた参加者によるソロ審査の模様をお送りする。前回と同様、グループ審査では体調を崩す者、緊張のあまり舞台で倒れる者、歌詞を忘れる者、自分勝手な言動でメンバーのひんしゅくをかう者など、ドラマチックな展開に事欠かない。そして過酷なグループ審査を勝ち抜けた98人の参加者は、次のソロ審査に挑む。ソロ審査では楽器の演奏が許されており、バンドと一緒に歌うことになっている。ようやくグループの束縛から開放されるかと思いきや、またしても歌詞を忘れたり、体調を崩したり、アカペラ禁止とは知らずに慌てて30分前にバンドとリハーサルしたりする参加者が現れる。合否は全員が歌い終わるまでわからない。プレッシャーや体調不良をものともせず、審査員の心をつかむのは誰か?今回もお見逃しなく!
  • #1111 ラスベガス予選1
    ハリウッド予選を勝ち抜いた70名はラスベガスに移動し、さらなる審査に挑む。再びグループを組み、50~60年代の曲を披露するのだ。ラスベガス到着から本番まで24時間以下という厳しいスケジュールの中、参加者たちはボーカルコーチによるレッスンを受け、振り付けを練習し、衣装を決めて、完成されたステージを披露しなければならない。ハリウッド予選の疲れも癒えぬまま、再び試練に立ち向かうことになった参加者の中には弱音を吐く者も。しかしここまで勝ち残った実力派だけに、魅力あふれるステージを次々に披露する。とはいえ審査である以上、不合格を宣告される者も当然いる。パフォーマンスを終えるとその場で判定が言い渡され、グループ内で明暗が分かれる場合もあるのだ。涙に暮れる参加者の一方で、合格を告げられ大喜びする参加者たち。しかしそんな彼らにも驚くべき発表が待っていた。果たして次の審査に進めるのは誰?審査の行方から目が離せない。
©2011 American Broadcasting Companies, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る